男性

快適な暮らしのためにリフォームをしよう|水回りは腐敗しやすい

何を流したか確認しよう

トイレ

家の中でトラブルが起きやすい部分というと水回りでしょう。水気や湿気が多くなるため使われている設備や建材が劣化しやすいのです。劣化したことによって水漏れや詰まりが起こって正常に使うことができなくなってしまうでしょう。とくに、頻繁に使うトイレは詰まりが起こりやすく、それで慌ててしまう人も少なくありません。必ず使う部分なだけにいつまでも水漏れや詰まりを放置しておくわけにはいかないでしょう。このようなトラブルが起こったときのためにも頼れる修理業者を日頃から確認してくことが大切です。

トイレ詰まりが起こったときに多くの人はすぐにラバーカップを試したり、何度もレバーを引き直したりするでしょう。しかし、トイレ詰まりの原因によってはそれらの行為が逆効果になる場合もあるのです。ですから、まずは何が詰まりの原因になっているのかしっかりと把握しましょう。汚物と一緒に大量のトイレットペーパーを流した場合は、ラバーカップでも対応できます。大量に流したとはいえトイレットペーパーはその内水に溶けて柔らかくなるでしょう。それ以外の物を流してしまった場合は注意しなくてはいけません。例えば、子どものおもちゃを流した場合や携帯電話やスマートフォンを落とした場合、新聞紙や別の紙類を流した場合もラバーカップは不向きなのです。それらは水に溶けにくいため、排水管に引っかかってしまいます。そこでラバーカップを使ってしまうと更に状態を悪化させてしまうでしょう。このような物を流したときはトイレの修理業者へ依頼して排水管から異物を取り出してもらいましょう。