室内

快適な暮らしのためにリフォームをしよう|水回りは腐敗しやすい

追加料金を把握しよう

作業員

住みやすい家を手に入れるために行なうリフォームでは追加料金が発生することがあります。その費用を巡ってトラブルに発展することがあるので予め確認をしておきましょう。見積書をもらうときにしっかり打ち合わせしましょう。

詳細へ

何を流したか確認しよう

トイレ

家の中でトラブルの起きる場所といえばトイレでしょう。トイレ詰まりが起きたときは何を詰まらせているのか考えて対処しなくてはいけません。トイレットペーパー以外の物を流したときはラバーカップを使うのは避け業者に相談しましょう。

詳細へ

費用と時間を確認する

室内

いつ起こるか解らないトイレつまりを修理してもらうためには、前もって修理業者を決めておくことが大切です。神戸には24時間対応しているところや見積もりが無料の業者もあるのです。

詳細へ

タイミングを見極める

男性

住まいの中でも頻繁に使い劣化が起きやすいところといえば水回りでしょう。浴室やキッチン、トイレなどの水回りは湿気が溜まりやすいのでカビが生えることもあります。また、木造の家の場合は建材が腐ってしまう心配もあるでしょう。安全に過ごすためにも長年住み続けている家では時期をみて水回りのリフォームを行なうようにしましょう。水回りのリフォームを行なうときに大切なのが時期やタイミングを見計らうということです。一般的に水回りのリフォームに最適だといわれるのが15年から25年目を迎える頃です。使われている素材にもりますが、それくらいの時期になると設備が弱くなってくるでしょう。例えば、タイルを使った浴室やキッチンの場合、築20年以上になると、水気によって土台の腐敗が進んでいる場合があるのです。腐敗した状態を放っておくとシロアリが住みついて家をボロボロにする可能性があります。家全体の環境を守るためにも、15年を過ぎたら水回りのリフォームを検討しましょう。

水回りでもとくに被害を受けやすいのが浴室です。浴室の設備が壊れたときはリフォームに最適なタイミングだといえるでしょう。しかし、設備が綺麗なままでも腐敗が進む場合があります。見た目だけで判断せず定期的に点検を行なうといいでしょう。生活をしているときに不便さを感じたときもリフォームのタイミングとして適切です。例えば、家に湿気が溜まりやすく洗濯物が干せないという場合もあるでしょう。そういった家の場合は浴室乾燥機の導入を検討するといいでしょう。リフォームで浴室乾燥機を導入すると、そこで洗濯物を乾かすことができます。